よなよなエールのレビュー

よなよなエールとは

メーカー 株式会社ヤッホーブルーイング
種類 エールビール

→ オンラインショップはこちら(amazon)

よなよなエールの味

よなよなエール

よなよなエールの印象は、息子のテストの点数を忘れさせるほどの幸せな香り

ラガービールのように人生すっきりとは行かなくていいんだよ。「息子よ、エールビールのように香り豊かな人生を送るのだ。」

あ、励ましたつもりが、息子は呆れ顔で2階に上がっていきます・・・。

さて、僕はよなよなビールでも飲みながらレビューを続けます。

ゴクリ。一口飲むとふわっと広がる香り。決してアルコールのいやなニオイはしません。

続いて、ふと目をつぶってビールの表面のニオイを嗅ぐ。

あ〜、出来たてのパンの香りのような。そう、天然酵母で作った出来たてパンのような甘くてほどよい酸味。

そしてエールビールの特徴であるレモンピールのような柑橘系の味わい。

複雑な味わいを楽しんだあとにくるアルコール。

あぁ〜 よなよなビールは、最高・・・。パタン。。。

よなよなエールは、香りと苦味のバランスが取れた優等生。いつもラガービールばかり飲み慣れている日本人よ、よなよなエールを飲んでみなさ〜い!と大声で叫びたい気分です。

さて、ここでエールビールとラガービールの違いがよくわからないというクラフトビール初心者の方のために少しエールビールとラガービールとの違いについて説明をしたいと・・・・

と思ったら、わかりやすいビールの種類の説明が、よなよなエールのメーカー「ヤッホーブルーイング」の「よなよなの里」に載っていました。

エールビールとラガービールの違いの図

引用元:http://yonasato.com/ec/about/

この図があれば説明いりませんね。

さて、恒例のビールを例える一言いきましょう。

よなよなエールの味を一言で表現すると・・・

最高のビール。

あ、雑でしたね。自分でも雑だなと感じました。ごめんなさい。

よなよなエールは、ヤッホーブルーイングの看板ビールですから非の打ち所がないんですよね。コクもあって香りも豊か。まるで白ワインのようにゆっくりと香りを楽しむビールです。

よなよなエールの飲み方

香りの13度

なんでしょう。ビールの裏に書いてある謎の13度という言葉。

よなよなエールのかおり道

13度傾けて注ぐとか?

答えは、「香りの13度」を検索すると出てきます。

ビールを楽しむにはこのページは必須だと思っています。特にビールの注ぎ方も載っているのでお時間を作っていただいて香りの13度ページを見てくださいね。

よなよなエールの通販価格は?

Amazonで、よなよなエールの価格は228円

このクオリティでこの価格はホント激安だと思います。安い上に気持ちがこもっているクラフトビール。買わない理由が見つかりません。

24本入りを買ってストックしておく価値は十分にあります。

口コミも16件中15件が星5つ 残り1件も星4つ。 みなさんの評価も納得の味です。

→ オンラインショップはこちら(Amazon)

実は、先日東京出張したときに、レストランバーで、よなよなエールの樽生を飲んできました。新宿で飲んだんですが、よなよなエールが樽生のメインでお店のイチオシでした。

ちょっと暗いところで撮ったので、見づらいですが右がよなよなエールです。

ところで、缶ビールと樽生 実は、中身は一緒です。樽生のほうが毎日お客さんが飲む分、鮮度は缶ビールよりも上ですが。

あと、一番の違いは泡のきめ細かさ。最近、プレミアムモルツを買ってもれなくプレゼントの”きめ細かいビールの泡”が出るハンディビールサーバーもほしいなと思っています。ただあれは、壊れやすいそうなので買うまではありませんね。

Amazonにもハンディビールサーバーありました。

グリーンハウスのハンディビールサーバー

故障もないようなので、今のところハンディビールサーバーはこれ1チョイスかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする